妊娠中の体をいたわってくれるノンカフェインドリンク「ルイボスティー」

妊娠して初めて知ったことのひとつに、普段何気なく飲んでいた飲み物にカフェインが含まれているものが多い!ということがあります。
飲みなれたものが飲めないとなるとストレスになってしまいますよね・・・。
コーヒー、紅茶、お茶・・・ノンカフェインのものを探しいろいろ試しましたが、一番のお気に入りが「ルイボスティー」です。
n17
もともと妊活にも効果があると言われているルイボスティー。
妊娠中という普段とは違うからだの状態で、肌荒れや疲れなど「見た目」にも変化がありませんか?
ビタミンB2をはじめとするミネラルがたっぷり含まれていることから、美肌にも効果が期待できます。
また、むくみや冷えの改善にも良い亜鉛が含まれており、体を冷やしたくない妊娠中にはぴったりです。

ミネラルウォーターは味が無くて苦手という方でも、紅茶やお茶に近いルイボスティーは飲みやすいのではないでしょうか。
ルイボスティーは甘味を感じますが、糖分は含まれていないのでカロリーはほとんどゼロという嬉しい飲み物です。

また、ルイボスティーに含まれる酵素にはデトックス効果があり、老廃物を胃や腸にためこまないからだづくりをしてくれます。
消化器官の働きが良くなることはすなわち痩せやすい体になりますので、ついつい体重が増えてしまいがちな妊娠中の大きな味方になってくれます。
そして、ルイボスティーには鉄分が多く含まれています。

さらに、鉄分の吸収を妨げると言われているカフェインが含まれていないため、効率よく鉄分を摂取することが出来ます。
貧血を予防する鉄分は、普段の食生活だけではなかなか十分に摂ることが出来ません。
n18
鉄分系サプリメントを苦手とする方でも無理なく鉄分が補えるので、妊娠中にとても良い飲み物です。
飲み物としての美味しさはもちろん、自分のからだをいたわることが出来るルイボスティー。
妊娠という大切な時期を心豊かにのりきりましょう。

妊婦の便秘解消も産後への備えも出来るごぼう茶

妊婦さんの飲み物としてお勧めしたいのは、もちろんノンカフェイン、ノンアルコールである事は基本ですよね。
それに、どうせなら栄養価も効果も高いものが良いですね。
それなら、あじかんの焙煎ごぼう茶がとってもお勧めです。
ごぼう茶なんて、味は大丈夫かと思われるかもしれませんがここのごぼう茶はとっても香ばしくて美味しいので、飲みたくなる味で妊婦さんにはストレスが大敵ですから飲んで美味しい、それだけでも嬉しいです。
n20
その上、妊婦さんの良く悩みがちな便秘にもとても効果があるのです。
妊婦さんは薬はなるべく飲みたくないからごぼう茶で解消するのが良いのです。
身体のお掃除をしてくれると言われる野菜のごぼうで出来ているから飲んで安心ですね。

ママにも赤ちゃんにも悪いものは一切含まれてません。
そればかりか、ごぼう茶には血液をサラサラにするという素晴らしい効果があるために産後の母乳育児にもすこぶる良いのです。
血液から出来ている母乳は、サラサラになるため乳腺に詰まりにくくなり、なると非常に辛い乳腺炎の予防ができます。

もちろんそのサラサラの母乳は飲みやすくて赤ちゃんも喜びます。
そんな母乳の詰まりの予防だけでなく、ごぼう茶を飲む事は母乳の出が少ないという悩みにも効果的なのでごぼう茶は妊婦の時から是非飲みたいお茶ですね。
その安全性は、病院で患者さんや妊婦さんにお勧めするほどですからお墨付きです。

そして、妊婦さんは水分補給が大切ですが、そのせいで身体が冷えてしまったらよくありません。
その点ごぼう茶ならば、食物繊維のイヌリン、サポニンが含まれているため冷え性やむくみにも効果を発揮するのです。
n19
妊婦さんの悩みがちな便秘、冷え、むくみを解消するなんてすごいですね。
他にもごぼう茶にはカリウムなどのミネラルも含まれているため、水分補給をごぼう茶でするのはとてもお勧めと言えるのです。

 

最後は赤ちゃんの為に葉酸でしっかりフォローです!!

これは絶対で今妊婦さんで知らない人いないんじゃないでしょうか?びっくりするぐらい商品も増えてきていて選べません!!私の場合はこのママニックとう商品を買いましたがはぐくみ葉酸という商品と迷いましたね・・・・

トップへ戻る

妊婦に優しい、美味しいジュース

1.葉酸がたっぷり取れるジュース

葉酸は、妊娠したら必ず摂取しなければならないビタミンです。胎児の脳や神経を作る上で必要な栄養であり、葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まってしまうので注意が必要です。また、葉酸を取り過ぎたとしても、水溶性のビタミンなので、過剰に摂取した分は尿と一緒に出ていくので、副作用などの心配はいりません。

この葉酸は、主にブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれていますが、他にも葉酸が豊富に含まれているジュースがあります。つわりでブロッコリーを茹でるニオイが耐えられない、料理ができないという方には、手軽にジュースで摂取できるのでお勧めです。

葉酸が豊富に入っているジュースとは、・イチゴジュース・バナナジュースなどです。
n15
イチゴジュースはビタミンCが豊富に入っており、食物繊維、鉄分なども含まれているので体に優しい飲み物です。また、バナナジュースは、バナナに含まれるカリウムが体のむくみや高血圧を予防する働きをもつので、妊婦にはもってこいの飲み物です。妊娠中は、便秘になりやすいので、食物繊維が豊富なバナナは便秘解消には有難い存在です。ただ、お腹が緩むときは、バナナを食べるとさらに悪化させてしまうので気をつけましょう。

2.貧血を防ぐ、嬉しい飲み物

妊娠中は、胎児に鉄分を取られ、妊娠後期に入ってからは貧血に悩まされる妊婦も多くいることと思います。貧血にならなくても、倦怠感がなんとなく続いたり、疲れやすくなっている時は、もしかしたら貧血になる一歩手前の状態かもしれません。鉄分が不足すると、未熟児や低体重出生児になるリスクが高まるので、積極的に摂取しましょう。

鉄分を多く含むジュースとは、・プルーンジュース・ブルーベリージュースなどです。
n16
なかなか、このジュースを見かけないという時は、ブルーベリー入りの飲むヨーグルトや鉄分を多く含む野菜ジュースなどもあるので、そちらを飲んでも良いでしょう。

ジュースは、糖分を含んでいるので、過剰に摂取し過ぎるのは良くありませんが、つわりなどで栄養が充分でないときは、あっさりして飲みやすいので、試してみる価値はありそうです。

トップへ戻る

ノンカフェインで「安心」と「美しさ」をくれる妊婦に優しい黒豆茶

カフェインを含む飲み物には、美味しい物が多いので、コーヒーや紅茶、緑茶など、休憩時間に飲むのが日課という人も多いのではないでしょうか。
しかし、妊娠がわかったらカフェインは控えるべきとよく言われますが、それは一体なぜでしょう?
n14
コーヒーなどのカフェインが入った飲み物は、中枢神経系を刺激する作用があり、興奮や不眠症などの症状が出る事もあります。
その為、眠気覚ましのドリンクなどにも使われる事も多いのです。
大人であれば、ある程度は体内でカフェインを分解する事ができるのですが、お腹の赤ちゃんはその分解できる機能がまだ備わっていないので、胎盤を通してカフェインを摂取しても分解して排出する事ができません。

赤ちゃんの為にも、今まで息抜きに飲んでいたカフェインは避け、ノンカフェインで美味しい飲み物を飲むようにしましょう。

女性なら、赤ちゃんの為に気を遣いたいのはもちろんですが、妊娠中も綺麗でありたいのも正直なところですよね。
ノンカフェインで安心かつ、美容にも良いお茶としておすすめなのが「黒豆茶」です。
n13
黒豆茶は名前のごとく、黒豆から作られたお茶で、苦味やクセもなく、香ばしい味なので美味しく飲むことができます。
アイスで飲んでもホットで飲んでも美味しいので、季節や気分でどちらにするか決めるのも良いですね。
ノンカフェインで美味しいという事だけでも嬉しいのですが、黒豆茶は…

  • アントシアニンという成分により血流の流れを良くしてくれる
  • 食物繊維により便秘解消とダイエット効果
  • イソフラボンによる美肌効果

などが期待され、妊娠中にも女性らしくありたい人には頼もしい飲み物なのです。
黒豆茶を作る際は、乾燥黒豆を弱火でフライパンで皮が割れるまで煎って、煎った黒豆を急須に入れてお湯を注ぐという方法もありますが、ドラッグストアに手軽に飲めるティーパック式の物もあります。
あまり馴染みはないかもしれませんが、黒豆茶で安全に美味しく、綺麗なママを目指しましょう。

トップへ戻る

妊婦さんにおすすめたんぽぽ茶

ほっと一息つきたい時にコーヒーを飲まれている方は多いと思います。香り高いコーヒーは、漂ってくる香りだけでものんびりくつろげるようで、いやし効果もありますね。またほろ苦い日本茶もしっとり落ち着いて、くつろぎタイムに適した飲み物です。しかしこれらの飲み物にはカフェインが入っています。カフェイン入りの飲み物は他にもあり、紅茶、ココアなどにも含まれます。
カフェインの摂りすぎは赤ちゃんの成長を妨げてしまったり、また代謝機能が未熟な赤ちゃんはうまく排泄できず蓄積されてしまうので、妊婦さんは控えたいものです。
ではほかに、リラックスできて身体にもよい飲み物はないのでしょうか。
それがたんぽぽ茶です。たんぽぽ茶はたんぽぽ茶の根や葉から作られ、一般的にはお湯を注いで抽出するタイプが多く売られています。香ばしい香りがあり、美味しいだけではなく妊婦さんによいとされる効能もあるのです。
まずは利尿作用によるむくみの改善、そして冷え対策、そして血圧を下げる効果です。運動不足になりがちな妊婦さんは、お腹が大きくなり血管も圧迫されて血流が悪くなりがちです。それが冷えにもつながり、赤ちゃんへ大事な栄養を送る妨げにもなります。
血圧を下げる効果もあるので低血圧の方は飲み過ぎに注意が必要ですが、冷えを感じるときなどはたんぽぽ茶を飲んでリラックスしてみてはいかがでしょうか。
ノンカフェインなので妊婦さんや赤ちゃんに負担もなくいつでも気軽に飲めます。慣れ親しんだコーヒーや日本茶とはまた違った飲み物ですが、身体に優しいたんぽぽ茶で心も身体もリラックスしてみてはいかがでしょうか。
また出産したあともぜひ飲み続けていただきたいのは、たんぽぽ茶は母乳にいいとされているのです。
赤ちゃんにも妊婦さんにも、産後のママにも優しいたんぽぽ茶おすすめです。

妊婦さんにオススメ!寝る前にゆず茶を飲んでリラックス

妊娠中はゆず茶がおすすめです。ゆず茶を飲むことは妊婦さんにとって嬉しいことばかりなんです。体重制限を気にしている妊婦さんには、はちみつが入っているゆず茶だと低カロリーで安心できると思います。ゆずにはビタミンやミネラルがたっぷり入っていますし、妊婦さんが喜ぶ葉酸が多いのです。

ゆず茶はノンカフェインです。妊婦さんはカフェインを控えなくてはいけないですよね。妊娠中は風邪予防をしなくてはいけません。妊婦さんは気軽に薬を飲むことはできませんから、普段から風邪をひかないように積極的に対策をとらなくてはいけないんです。ゆず茶は喉の炎症を抑える効果が期待できますし、身体がとても温まるので冷え性の方にとって良いです。はちみつが入っていると抗菌作用があるのでよりおすすめです。

妊娠すると気持ちが不安定になりイライラしがちですが、ゆずの柑橘系の香りでリラックスすることができます。のんびりと読書をしたり、寝る前にゆず茶を飲むことでホっとするんですよね。疲れている時にゆず茶を飲むことで疲れが一気にとれると思います。ゆず茶は一日1~2杯程度飲むと良いでしょう。あまり飲みすぎると糖分のとりすぎになってしまう可能性があります。寝る前に飲むことがおすすめです。

ゆず茶は買うこともできますし、自分で気楽に作ることもできます。時間的に余裕のある妊婦さんなら手作りのゆず茶を試してみてはいかがでしょうか。ゆず茶を飲むとぐっすりと眠ることができます。赤ちゃんの為にも妊婦さんは毎日健康的に、楽しく生活をすべきだと思います。妊娠中は色々なことが制限されて辛いこともありますが、そんな時こそゆず茶を飲んでリラックスすると良いと思います。ゆず茶には女性に嬉しい美肌効果、整腸作用もあるのです。妊娠しても女性としてキレイを維持したいと思う人は多いと思います。

トップへ戻る

手作りドリンクで妊婦さんを応援します

妊婦さんはつわりなどが酷いとろくに食べ物も食べれない時期がありますよね。でも赤ちゃんの為に水分や栄養はとらなきゃならないし…そんな時に大活躍するのが妊婦さんにオススメ手作りドリンクです。暑い日のつわり時期は、炭酸が飲みたくなる妊婦さんが多いと聞きます。そんな時に、市販の炭酸ジュースだと果汁が1%くらいしか入ってないし何だか太りそうと気にしてしまいますよね。そこでオススメなのが100%のフルーツジュースと炭酸水を別々に買います。その2つのジュースを7:3(フルーツジュース:炭酸水)で割ってみてください。果汁100%なのでビタミンも栄養もちゃんと摂れますし、余計なものが入ってない炭酸水で割るからカロリーも控えめ。サッパリしたものが欲しい時に打ってつけですよ。
もう1つ炭酸系の妊婦さんにオススメドリンクがあります。それはカルピスの原液と炭酸水を自分の好きな配分で割るとらいうドリンクです。最近ではカルピスもブドウ味やミカン味、メロン味、マンゴー味など様々な原液の種類がでていますので、飽きないように色々飲み比べしてみるのもささやかな楽しみになると思います。さらにカルピスの原液でもカロリーオフのものがありますので体重を気にしなきゃいけない妊婦さんだからこそこのカロリーオフもオススメです。カルピスは乳酸菌飲料ですので身体の免疫力もアップするから、風邪対策にもいいですよね。妊婦さんは風邪をひくと薬など飲めず大変苦労します。いざ風邪をひいてしまった時にオススメのドリンクもあるんですよ。それはハチミツ大根です。大根を角切りかいちょう切りに切りタッパなどに入れます。その大根が浸る程度にハチミツを入れて一晩寝かせれば出来上がりです。大根の汁とハチミツが溶け合った甘く飲みやすいドリンクができます。喉の痛みにも効きますし身体を温めてくれるので風邪以外にも、冬場温まりたい妊婦さんにオススメです。
手作りで安くたくさんの身体にいいものをとれるっていいですよね。穏やかな妊婦ライフを送ってください。

トップに戻る

妊婦さんに優しい飲み物。

妊娠しているととっても喉が渇きます。
水分補給が大事ですよね。
でも、飲んではいけないと言われる飲み物もあって、何を飲んだらいいのか初めてだと悩んでしまいます。

どうせなら赤ちゃんにもママにも優しい飲み物を飲みたいですね。
水分を取ることにより便秘の解消にも役立ちます。
赤ちゃんとママに優しい飲み物にはどのようなものがあるのでしょうか。

一番身近なのは麦茶ですね。
n11

子供のころはいつも冷蔵庫にあって毎日飲んでいたなんて人も多いのではないでしょうか。
しかし、大人になるとなかなか麦茶を飲む機会も減ったりしますね。
麦茶って子供でもごくごくたくさん飲めるので赤ちゃんにもママにもとても優しい飲み物なのです。

麦茶は茶色いし、お茶出しカフェインは入っていないのかなと心配になりますね。
しかし、麦茶にはカフェインは入っていません。
ではなぜ体にいいのかというと麦茶にはピリジンという成分が含まれています。
これが血液をサラサラにする効果があります。

夏バテの防止にも役立ちますので体に優しいお茶と言われているのです。
妊婦さんの中には便秘で困ってしまっている人も多いのではないでしょうか。
妊娠するとホルモンのバランスが崩れたり、水分が赤ちゃんに行ってしまったりして、結果的にママが便秘になってしまうことがあります。
そんな便秘にもうれしい飲み物は何でしょうか。

プルーンジュースです。
n12

プルーンといえば便秘対策にはとても有名な食物ですね。
プルーンにはたくさんの食物繊維が含まれています。
ジュースにすることによりたくさんの量が取れるようになるので便秘解消にはとても役立ちます。
さらにプルーンには鉄分が多く含まれます。
妊娠中は鉄分も不足しがちですので、一石二鳥です。
保存料や着色料の入っていないジュースを選ぶとさらに体に優しいのではないでしょうか。

以上のように妊婦さんにとってとっても大切な水分、不足しないようにたくさんとりたいですね。

コーヒーの味がする?たんぽぽコーヒー

カフェインは妊婦さんには良くないと言われています。
しかし、紅茶やコーヒーなどの美味しい飲み物には、大抵カフェインが入っています。
妊娠中は、ストレスが溜まってしまう事も多いので、
ちょっとコーヒーでも飲んでのんびりしたいところです。
だけど、カフェインが入っている…と考えると、泣く泣く諦めざるをえません。

そんな人におすすめしたいのが、たんぽぽコーヒーです。
たんぽぽコーヒーは、ノンカフェインのハーブティーです。
しかし、お茶と言っても、味はコーヒーにものすごく近いのです。
ここにミルクを入れて飲んだり、冷やして飲んだりと楽しむ事が出来ます。
コーヒー好きの妊婦さんのコーヒー代替品と言われるくらい味が似ています。
n9
更に、このたんぽぽコーヒーのおすすめは、味だけではありません。
ものすごく栄養たっぷりなのです。
もともと、たんぽぽは生命力の強い植物です。
どんな道でも、力強く育っていきます。
そんなたんぽぽの根を焙煎して作られたお茶なので、飲む事で免疫力がつきます。
また、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれて、血液をサラサラにする効果もあります。

そんな事から、血液で出来ている母乳が出やすくなる上に、質の良い母乳を作る働きもあります。
出産後にもとても効果があるのです。
また、妊娠中は栄養不足なりがちです。
それらを補ってくれるような栄養が含まれています。
そして更に、最近ではもう1つ、発毛効果がある事もわかりました。
妊娠、出産後に抜け毛で悩んでいる人は結構います。
そんな人の抜け毛予防対策となるのです。
味だけでなく、栄養などにおいても、たんぽぽコーヒーは妊婦さんにとってピッタリの飲み物なのです。
n10
たんぽぽコーヒーは、妊娠中だけでなく、授乳中にもおすすめの飲み物です。
カフェインがあるからと、コーヒーを諦めていた人も、これならガンガン飲んでも大丈夫です。
たんぽぽコーヒーを飲んで、ぜひ、ティータイムを楽しんでみてはどうでしょうか。

トップへ戻る

ルイボスティーは妊婦さんにもお勧め

私が妊娠した時も、私の妹が妊娠した時も母から妊娠中はずっと購入してもらい続けて飲んでいた飲み物はルイボスティーでした。
n7
妊娠中は何かと食べ物に敏感になったり、あれは食べた良い、あれは食べても飲んでも良くないなどと、色々な情報が入ってきて、いったいどんな物を食べて飲めばいいのかな?と思ったのが最初でした。

友人の中でも私の妊娠が一番早い方でしたので、当時は数少ない妊婦仲間とも飲み物ついて情報交換をしていました。

そんな時に、母が我が家に来るたびにルイボスティーをお土産で持って来てくれるようになったのです。
母はヨガ教室で先生から勧められてルイボスティーを飲みはじめて、体調も肌も良くなったと言うのです。

ルイボスティーはノンカフェインですし、亜鉛やミネラルが豊富に含まれているとのことなのです。
妊娠中は亜鉛やミネラルは積極的に摂取した方が良いと言われていたので、毎日飲む様にしました。
またルイボスティーには抗酸化作用のある物質に入っているため、美容にも凄く効果があるとのことなので、敏感になりがちな妊婦時の肌のためにもいいんだな~と思っていました。

またルイボスティーは癖がないので、とても飲みやすく、食事にもおやつにも合います。
また暖めても冷やしても美味しいのですが、私は朝に1日分のルイボスティーを用意していて、常温で飲んでいました。1日に1ℓ~1,5ℓ程度飲んでいました。

ルイボスティーは免疫力を高くしてくれる作用もあるようで、妊娠中は風邪も引く事もなく、肌トラブルもなくとても快適に凄くことが出来ました。
n8
妹も私の妊娠中がとても安定していた事を近くで見て知っていたので、妊娠が分り、すぐに母に頼んでルイボスティーをプレゼントしてもらっていました。
妹も妊娠中はトラブル無く肌状態も良く過せいたので、これもルイボスティーの効果かなと感じています。

因みに現在は私も妹も妊娠していませんが、未だにルイボスティーは飲んでいます。
友人や親戚の妊娠には勿論ルイボスティーを勧めています。